TEL

078-743-2403

Email

inochi@door.or.jp

営業時間

24時間いつでも

2018年9月1日にスタートした「小さないのちのドア」。3周年の節目に、書籍「小さないのちのドアを開けて」を出版いたしました。

思いがけない妊娠に悩む女性を、24時間体制で支援する「小さないのちのドア」。ここに駆け込んだ6人のケースをドキュメント漫画と現場レポートで紹介しています。葛藤の中で人生の選択をしていく女性たち、命を守ろうと奮闘する支援者の思いが迫る。エッセイだけではなく、支援情報付き。

気づかされました。失われていく、たくさんの小さな命。

このドアが、日本中にあったら。

すべての人に読んで欲しい。感動しました。

夜回り先生:水谷修氏推薦

本の購入は、 一般書店・インターネット書店にて販売中。

Amazon

いのちのことば社通販サイト


小さないのちのドア事務局でも購入可能です。ご住所を添えて、以下フォームより、お問い合わせください。


    「小さないのちのドアを開けて」目次

    #CASE1 思いがけない妊娠 かなの選択
    コラム1 妊娠の話
    コラム2 避妊について

    #CASE2 十三歳の妊娠 さくらの選択
    コラム3 排卵について
    コラム4 胎児のこと
     
    胎児の人権宣言
     
    #CASE3 不倫妊娠 ゆきの選択
    コラム5 特別養子縁組について
    コラム6 社会的養護の子ども
     
    #CASE4 風俗妊娠 あやの選択

    コラム7 妊娠・出産にかかるお金
    コラム8 生活できない・住む場所がない人へ
     
    #CASE5 妊娠中絶 はるの選択
    コラム9 人工妊娠中絶術について
    コラム10 虐待家庭を生まないために
     
    #CASE6 飛び込み出産 さとみの選択
    コラム11 子ども虐待と虐待死
    コラム12 DVについて

    著者:永原 郁子 西尾 和子 共著 のだますみ 漫画
    ページ数:216頁/判型:A5


    PAGE TOP